脱毛、医療レーザー脱毛、ワキ・Vライン脱毛、メンズひげ脱毛はセントローズクリニック サイトスタート 脱毛、医療レーザー脱毛、ワキ・Vライン脱毛、メンズひげ脱毛はセントローズクリニック

毛周期と脱毛治療の関係

毛周期を知ることが効果的な医療レーザー脱毛治療につながります。

1回処置すれば同じ部位から2度と毛が生えないのではありません。 医療レーザー脱毛の特性から、毛根を破壊できるのは成長期の毛だけです。

退行期、休止期の黒い毛が無く毛根にメラニン色素の存在しない時ではレーザーは反応しないので、その部分は次に生えたときに処置します。

毛の成長サイクル

毛の成長には、成長期→退行期→休止期と呼ばれる3つの段階のサイクルがあります。毛は成長期にのみ産出され、毛乳頭は大きく、毛母細胞が活発に働いて毛が伸びていきます。
治療はこの時期に行なう必要があります。休止期のメラニンのない時期には脱毛レーザーの効果はございません。そのため毛周期に合わせて約1ヶ月〜1ヶ月半の間隔を空け、数回の処置が必要になります。

成長がいったん停止するとき、毛包は退行期を経過します。退行期の最初の兆候は毛球におけるメラニン産出の停止から始まり、毛母における細胞増殖が減少し停止します。

毛根の構造

毛根の構造

毛幹 一般的に体毛と呼ばれている肌表面から出ている部分。
毛孔 毛が皮フ表面に出てくるところです。 一般的に「毛穴」と呼ばれています。
毛根 皮フの中にある毛組織全体。
毛球 毛根の最下部にあり、膨らんでいる部分。
毛乳頭 毛球の底辺のくぼみの部分。 毛母細胞に栄養分を送る働きをします。
毛母細胞 体毛の元となる部分。
毛乳頭から栄養分をもらい、 毛母細胞が分裂することで毛の成長が始まります。
毛包 毛幹全体を包む組織。 上部毛包、中部毛包、下部毛包の三つの部分に分かれています。
各部位の成長の早さ
部位 間隔
わき 1日約0.3mm
1日約0.2mm
陰毛 1日約0.4mm
下腿 1日約0.2mm
部位 間隔
わき 1回/1〜2ヶ月
手や足 1回/1.5〜2ヶ月
1回/1〜2ヶ月
ひげ 1回/1〜2ヶ月
陰毛 1回/1.5〜2ヶ月

成長期・退行期・休止期

毛周期と脱毛治療の関係 ここまで
ご予約・お問い合わせ 022-227-4107(ヨイオンナ)

セントローズクリニック 美容外科/形成外科/美容皮膚科/美容内科
仙台市青葉区中央2-4-5アルボーレ仙台6F(1Fアディダス)
相談・予約受付:022-227-4107 (10:00〜22:00) 完全予約制・個室完備


Copyright(C) 医療レーザー脱毛はセントローズクリニック All Rights Reserved.